基本的には、集団面接も個人面接も注意するべき点は同じで、一般的なマナーを守ることが大事です。でも、集団面接は自分以外の採用候補者も同時に面接をうけるため、個人面接よりも重圧感がかかるのです。なかなか自分で自分の良いところはアピールできないとしても、悪い所は目立ってしまうので、集団面接中は一瞬たりとも気が抜けないのです。実は、他の学生が話している時も、採用担当者はその話を聞く態度や表情などもチェックしているのです。他の学生が話している時に、軽く頷いたりしておくといいでしょうね。集団面接は、自分をアピールできる時間が個人面接に比較したら圧倒的に短くなったのです。限られた時間の中で、いかに自分をアピールできるかが鍵となるでしょう。あまった前置きなどは省いて、1分程度でまとめるのが無難でしょう。1人で長い時間話しすぎると、他の学生に取っても迷惑ですし、逆に短すぎてもダメなので注意した方がいいでしょう。もし、発言する順番が決められていなければ、積極的に手を挙げて発言していく方がいいでしょう。これは積極性のアピールにもなると思いますし、志望動機が前の人とかぶってしまって困ると言うこと態を予防する事ができます。大きく口を開け、はっきりとあなたの言いたいことを話にして下さいね。万が一、前の学生と解答が似てしまった場合には、せめて違う表現で話すとか、他の言葉を付け加えるなどした方が良いですね。出来る事なら、自己PRや志望動機は他の学生とかぶらないようなものをかんがえておくと、面接本番で焦らなくて済みますー